専門の業者に依頼して金融のサービスを受けよう

計算することが大切

倒産確率の概念と算出への取り組み

倒産確率とは文字通り、企業が倒産する確率を示した数値です。具体的には企業が提示する決算書や企業業績、その他の定性的な情報などに基づいて、今後企業が倒産に追い込まれる確率が調査されます。調査の結果、倒産確率がどの程度かを予測数値として示した指標として知られています。 こうした倒産確率数値は一般的に、算出業者が独自に調査や取材を行ったり、企業に関する財務や業績の情報を照らし合わせたりする事で求められています。そうして出されたデータは、希望するデータ利用先に対して閲覧可能なツールを提供し、利用先が自由に閲覧できる様にされています。 現在のツールでは使いやすさの他、データを最大限活用できる様に主観的よりも客観的な評価を下しやすくする様な工夫がなされていると言われています。

確率の活用法と算出業者について

倒産確率数値は、企業自身の動向や自身に対する評価を知るためのデータとしてだけで無く、他の活用もされています。 主な使い方として、ある企業が取引先となる他企業を探す時に、候補となる企業の業績に不安が無いかという、相手企業の信頼度を調べる与信管理の一環として使うケースが挙げられます。 こうした倒産確率は、主に企業に関するデータを取り扱う業者や調査会社によって算出される事が主と言われています。こうした業者ごとに、倒産に関わると考えられる独自基準に注目し、それらに基づいた倒産確率が算出され、データとして提供されています。 したがって算出において重視する基準が異なっていると、データ算出業者ごとに確率が異なるケースもあるとされています。倒産確率を知る場合は、事前に自社への評価が実情と近いか否かを調べたり、いくつかの業者の持つデータを比較したりした上で、評価適正や対象企業への本当の評価を推測する事が良いとされています。