福利厚生の重要性 | 企業経営を行う上で、重要になる様々なポイント
専門の業者に依頼して金融のサービスを受けよう

福利厚生の重要性

福利厚生とはなんなのか

福利厚生とは仕事をすることにより得られる給与以外に、必要に応じて与えられる援助.サービスの仕組みのことをいいます。 社会保険や労働保険への加入、有給休暇や福利施設等も福利厚生の中にふくまれます。法律で実施を定められたものを法定福利と呼び、企業の任意で定めるもの例えば住宅の補助やレクレーションや食事補助などは法定外福利とよばれています。企業が福利厚生にかける金額は各企業により違うのですが2008年度の平均では従業員1人1か月あたり103311円そのうち法定福利費が75612円法定外福利費が27690円となっています。 各企業とも従業員の働き甲斐と働きやすさを求めて福利厚生には力をいれているようです。

キャリアアップからプライベートまで

一昔前までは企業の福利厚生といえば、社宅や慰安旅行などが一般的でした。しかし時代は変わり現在では食事の補助はもちろんのこと、失恋休暇や社内バーまで設置している企業まであります。近頃はユニークな福利厚生が話題です。しかし一方でアウトソーシング化もすすんでいます。スキルアップのためのセミナー研修や独立支援制度などキャリアアップのための様々な休暇制度により、プライベートタイムまで会社の福利厚生が利用できるようになりました。 各企業は優秀な人材の確保のため福利厚生を充実させますます業績を上げようとしています。やはり人材があっての企業なんですね。 これからの企業は、給与のほかにいかにして福利厚生を付加するかにより残っていく企業とそうでない企業と二極化されることでしょう。